めぐみ園からのお知らせ

♫ かみさまのあいは、しみとおる わたしたちのこころに、ひのひかりのように さあ、みんないっしょに、さんびのうたをうたおう、いつまでもいっしょに、さんびのうたをうたおう ♬ こどもさんびか40番(ばん) 4番(ばん)

2学期が始まり2週間がたちました。少しずつ幼稚園生活のペースを戻しつつ、こども達は毎日元気に登園し友達との関わりの中で大きな成長を感じます。            敬老の日の恒例行事として、コロナウイルスの発生前までは、カムカムデイという日を設けて園児の祖父母の方々や、いつもめぐみ園のこと、子どもたちのことをお祈りして下さっている教会員の方をお招きして、感謝の気持ちを込めて歌やダンスの発表をしたり、一緒に歌を歌ったりしていました。残念ながらコロナ感染拡大により去年から開くことができません。しかし、お子様の写真付きの手作りプレゼントは例年通りに。新入園児のお友達はそのまま飾って頂き、在園児のお友達は去年の写真のプレゼントにつなげて頂き、1年ごとの成長を感じて頂けたらと思います。まわりに折り紙で作ったものを貼ったり、シールを貼ったり、絵を描いたり、一人一人細かいところも一生懸命指先を動かして作り、素敵なプレゼントが出来上がりました。大好きなおじいちゃんおばあちゃんのことを考えながら、「いつ渡そうかな?」「遠くにいるから送るの?」といろいろ話をしていました。また、今年は子どもたちの賛美の動画をお届けします。アクセスの方法など詳細はお手紙をご覧ください。ご家族、おじいちゃんおばあちゃんと心温まる、微笑ましい動画をご覧ください。 続きを読む

新型コロナウィルス感染症は予防のために、ご理解・ご協力をお願いいたします。
教会にお越しの際は、検温、手指の消毒、マスクの着用をお願いいたします。
具体的な対応は下記の通りです。

1 公同礼拝を3回の分散礼拝とする。
8時~9時、11時~12時、15時~16時
各回の定員は30名(会衆席25%)とする。
聖餐式は毎月第一聖日に、対策を取ったうえで行う。

※家庭礼拝をささげられるように、引き続き、週報・式文の発送をする。
※11時~12時 facebookページでライブ配信を行う。

2 夕礼拝は休会とする。

3 チャーチスクール礼拝、中高生礼拝、季節学校礼拝は通常通り9時30分から行う。
定員は、各部屋50%までとする。
礼拝後の分級は、短い時間にとどめる。

4 聖書研究祈祷会を木曜日15時~16時、および、19時~20時に行う。
定員は30名(会衆席25%)とする。

5 緊急事態宣言が東京都に発令された場合、公同礼拝は3回の分散礼拝を継続する。チャーチスクール礼拝、中高生礼拝は行うが、礼拝後の分級は行わない。
また、聖書研究祈祷会については通常通り、行う。
その他の諸集会は、緊急事態宣言解除後、改めて開催を検討、告知する。

6 ご来会の際は、ワクチン接種の有無にかかわらず、手指消毒、マスクの着用をお願いいたします。
(消毒液、予備マスクご用意してあります)
入口での検温を行い、平熱より1℃以上高い方は、別室待機の上、再検温いたします。
下がらない場合はお帰りいただくことになります。ご了承ください。

2021年7月11日
日本基督教団亀戸教会

 

夏期保育に入り、やっとできたプール遊び。朝から晴天で暑く、「早くいこうよ ~」の声の連発。ウキウキワクワク・・・まず、最初に、バシャバシャしない静かなチームと、思いっきりバシャバシャして遊びたいバシャバシャチームに分かれたところ、不思議と半分の人数となりました。まずは、静かなチームが出発。会議室に行き、靴下は上履きの中へ入れて椅子の下に置く。脱いだ洋服・下着はきちんとたたんでかごの中に、水着に着替えてプール帽子を被り、タオルを小さくして抱っこして並ぶ、という流れのお話を聞いたのち、自分たちで一生懸命(いっしょうけんめい)着替えていました。いざ、屋上へ。体操して、お尻の消毒をし、プールへ。顔にかかっても全然平気でバシャバシャ、教師のシャワー攻撃もへっちゃら、教師へ水かけをし反撃に。その中で、動けなくなってしまったお友達は、「今は静かなチームだよ。静かなチームだよ。バシャンは禁止。」と訴えていました。可愛かったです。次にバシャバシャチーム、同じように会議室でお話を聞いて、着替えてプールへ。さすが、バシャバシャチームは豪快な動きの中、顔に水がかかろうが、全然へっちゃら。最後はプールの中の水を、おもちゃのバケツを使ってプールの外に汲みだしてもらい助かりました。 続きを読む

新年度が始まって2週間が過ぎました。一緒に遊んでくれたお兄さんお姉さんが小学校に行ってしまい、ちょっぴり寂しさを感じていましたが、時々うっかり間違えたりしながらも、進級したことを自覚し、少しずつ名札の色やロッカー、下駄箱の位置にも慣れてきています。
給食も始まり、久しぶりの園での食事に緊張がみえるお子さまもいました。慣れ親しんでいた給食職員の岩城さんにかわり、北林さん(通称ちこ先生)が給食を担当して下さることになり、北林さんも緊張しつつ準備してくださいましたが、みんな変わらず、小食だったり苦手な食べ物は少しだけ挑戦するなど、教師と相談しながら食べていました。新入園のろばさんは木曜から給食に挑戦。まずは、給食の雰囲気に慣れ、それぞれの食事の仕方や苦手な食べ物などを把握してゆけたらと思います。
のびのびと遊べるようになってきたので、それぞれのお部屋の使い方の確認もグループごとに行いました。ホール、屋上、のっぽの部屋、お庭、礼拝堂など「自分も友達も楽しく遊ぶための約束」を遊びながら覚えてゆきます。 続きを読む

2021年度が始まり、1週間がたちました。不安な表情で登園していた子どもも、お友達のニコニコ顔につられて笑顔で朝のお支度をする様子が見られるようになりました。一人ひとり、お気に入りの遊びや空間を見つけ始めています。イースターエッグの色塗りをしたり、折り紙でいろいろな物を作ったり、小さいお友達がピースの多いパズルをしたくて、教師と始めるのですが中々進まずしていると、お兄さんが来てくれて一緒にやりはじめてくれました。頼りになるパズル名人です。これからもよろしくね。屋上では元気いっぱいみんなの声が響き渡り、活気を感じ嬉しく思いました。
お部屋の使い方の説明、気を付けることの説明をしました。
最初にホールと屋上の説明を聞きました。お約束を守って、楽しく安全に遊べるようにしっかり聞いていました。 続きを読む

イースターおめでとうございます! めぐみ園、そしてチャーチスクールの新年度の歩みが始まりました。イースターを迎えて始まった新しい1年間も、神さまに心も身体も守られて安心して過ごせますように。神さまの愛を一緒にたくさん受け取っていきましょうね。
新しいバッチを付けて始まった新学期。バッチの色が変わって(中にはお兄ちゃんのバッチを付けていて、名札だけ飛び級していたお友達も!)、一人ひとりがなんだか頼もしく、お兄さんお姉さんになっていました。春休み明け、久しぶりの登園でママと別れるのに涙を見せたお友達や少し緊張していたお友達もいましたが、中に入ればにこにこで、お庭で大きなお山を作ったり、協力してパズルに挑戦してみたり、動物さんバックを制作したり。お友達が折り紙で動物を作っているのを見て、一緒にきりんの折り紙を作って「にこにこにする」とクレヨンで模様やお顔を描いたり、トラの折り紙を見たお友達は、四つ足で歩いてジャンプして立ち上がると「ガオー!」とトラになりきったり、と楽しんだりしていました。帰りには「まだ帰りたくなーい!」と言うほど。初日から思い思いに過ごしていました。
次の日は入園式。新しいお友達を迎えて、一緒に礼拝しました。在園しているお友達も、新しく入園したお友達も、神さまが愛しておられ、送り出してくださったのだなと胸がいっぱいになりました。愛する一人ひとりと、これからもめぐみ園で一緒に過ごせることが本当にうれしいです。神さまの祝福をたっぷり受けて、神の子として一緒に成長していきましょうね。今年度も主に在ってよろしくお願いいたします。(ゆかり)

 いよいよアドベント3週目となり、あっという間に2学期も残りあと一週間となりました。ページェントの練習もひときわ気合が入り、みんなの全力の賛美を聞いていると、思わず涙があふれてきます。
 火曜日にはクリッペ(イエスさまがお生まれになった時の様子を人形などであらわしたもの)の飾り付けを見ました。礼拝を守った後、ろうそくに一本ずつ光を灯すと、子どもたちは「わあ~」とじっと見入っていました。「これが赤ちゃんイエスさま?」、「馬小屋だね」、「(飼い葉おけに寝ている様子を見て)硬そうだね」とイエスさまがおうまれなさった様子を実感したり、「マリアさんがいるよ」、「これが天使さん?」、「これは3人だから博士だよね」などとページェントで自分がやっている役の人形を見つけては嬉しそうに確認していました。その後、それぞれ心に残ったものを思い思いに描き、みんなの中に神さまの思いが届いているのだなと嬉しくなりました。 続きを読む

  新型コロナと共に始まった2020年でしたが、最終月を迎えました。まだまだ予断を許せない状況ですが、治療法や予防の仕方も見えてきました。ワクチンの開発も少しずつ進んでいるようです。とはいえ、第3波の中、感染しやすい季節でもありますので、毎日の消毒や感染予防、最新のニュースにも気を付けて、子ども達の成長が新型コロナに歪められることのないよう、神さまの助けを祈りつつ努めたいと思います。子ども達もマスクの着用と手洗いが身についてきているようで助かります。それぞれご心配もおありかと思いますのでご家庭での判断を尊重しつつ、保護者の皆様のご協力にも感謝申し上げます。
 肌寒くなってきましたが、衣服で調節しやすい時期でもあるかと思い、火曜日にははとさんとひつじさんで中央公園に園外保育に行きました。征きも帰りも歩きでしたが、広々とした公園で、お気に入りの“ビリビリボール”を思う存分楽しみ、青空の下で友達とお弁当を食べ、遊具でも遊ぼうと楽しみにしていたようでしたが、目的の場所は小さい子ども達が使用していたので譲ることにし、帰りに違う公園に寄って遊んできたそうです。「ただいま~」と園に帰ってきた子ども達の声から充実感が伝わってきました。 続きを読む

 アドヴェント1週目になりました。礼拝堂にクランツが飾られ、4本のキャンドルのうち、1本のろうそくに火が灯ります。毎週1本ずつ火が灯り4本全部に灯ったら、クリスマスになります。イエスさまのお誕生をみんなで待ち望みましょう。
 めぐみ園でもクリスマスに向けて、いろいろ準備を行っています。ページェントの練習も毎日のようにしています。日に日に声も大きくなって、自分の役を一生懸命頑張っています。どの役もイエスさまのお誕生をお知らせする大事な役です。クリスマス会の日に皆様の心に届くように、練習を重ねています。お楽しみにしていて下さい。
 礼拝でクリスマスツリーのお話で、もみの木は冬でも緑の葉を持つ木で強い生命力、ベルはイエス様の誕生を告げ知らせる喜び・祝福、3人の博士を 赤ちゃんイエス様のところに導いたお星さま。緑色は永遠の命、希望、赤はイエス様が私たちのために十字架に架かって下さった時に流された血、神の愛など一つ一つ意味がある事を聞きました。 続きを読む

 秋も深まる中、あたたかい日が続きました。お庭で大きなお山を作ったり、屋上で思いっきり遊んだり、お外でもたくさん遊んだ一週間でした。子どもたちも神さまに守られ、毎日過ごしています。
 月曜日からは、クリスマスのページェントの練習が始まりました。まだ始まったばかりですが、はとさんはしっかり自分の役を覚えていて、嬉しそうに教えてくれたり、セリフを覚えているお友達も。楽しみに準備しているのだなと嬉しくなりました。ろばさん、ちいろばさん、ひつじさんは火曜日に過去のDVDを見てみました。ページェントのイメージがわくかなと見に行ったのですが、「(おしゃれをしてきていた子を見て)ドレス来てるよ!」、「あっちのドレスがかわいい」とドレスに夢中になったり、「○○ちゃんのお姉ちゃんだ!」と兄弟を見つけては、「この頃はまだ赤ちゃんだったんだよね~」としみじみしたり…。雰囲気だけでも感じ取ってくれたかな? 自分の役のお面も作って、少しずつ練習に取り組んでいます。イエスさまが私たちのために来て下さったことを、味わいながら取り組んでいければと祈っています。 続きを読む