めぐみ園からのお知らせ

 アドベントに入り、めぐみ園も着々とクリスマス仕様(?)になっています。アドベントの初日(先週の日曜日)、玄関にクリスマスツリーが飾られ、ページェントの練習も始まって、子ども達もクリスマスへの期待が膨らんでいるようです。水曜日にはホールに全員集まって、めぐみ園のツリーに飾りつけをしました。昌子先生からツリーの飾りの意味などのお話を聞き、約束も守ってグループごとにオーナメントを飾りました。最後にライトを巻き、お部屋を暗くして点灯。いつも元気におしゃべりしている子ども達も自然と静かになって、ライトに照らし出されるツリーを見つめていました。
 ページェントの練習も、はとさん達は自分の台詞をほぼ憶えており、ひつじさんも声を出すのがちょっぴり恥ずかしそうですが台詞を言おうと頑張っています。ろばさんは周りの流れに乗せてもらい、ちいろばさんは、“迷える子羊”そのままに、飽きてくると寝そべったり近くの先生に抱っこしてもらったり、それぞれ『ありのまま』の姿を見せています。
 自由遊びの中でもクリスマスを意識して、折り紙の本を見ながらリースを作ったり、自分で考えてクリスマスツリーを作り、飾りをつけたりして楽しんでいます。楽しいクリスマス。その『楽しさ』はゲームとは違う、私達の命そのものを救う神さまの愛を頂いた喜びに基づくものだということを子ども達が知ってくれればと願っています。 続きを読む

 いよいよ今日からアドベントが始まります。イエス様のお誕生を楽しみに待ちながら準備をしてゆきます。めぐみ園では、ページェントの練習が始まりました。早くからセリフを覚えて言える子もいますが、それぞれの役で頑張っています。練習は毎日合同で行いますが、これからは歌やセリフを役ごとに練習もしていきます。ちいろばさんは、何が何だかわからずに、座っている様子ではありますが、二度三度と練習を繰り返していると、お星さまの振りをまねたりしています。
先週金曜日、久しぶりにゴダイに、はとさんひつじさんで行ってきました。今回も雨降りの中行き、サッカーやしっぽ取り、ギャロップなど広い場所で思いっきり、走り動いてきました。上手くできずに困った時も泣かずに頑張っていた子ども達もいたと聞き、大きな成長を感じ感謝の気持ちが溢れました。 続きを読む

 肌寒い日も増えて来て、冬らしくなってきました。朝、登園して来た子ども達の手はひんやりとしています。そんな中でも、幼稚園に来ると元気いっぱいに過ごしています。
 今週は、はとからちいろばまで、みんなで献金箱作りを楽しみました。画用紙に刷けで水を塗り、絵の具を垂らすと、じわじわと絵の具が広がっていく「にじみ絵」に子ども達は興味津々。模様を付けたり、好きな絵を描いたり、トンネルや電車を描くお友達も。色が交ざり合ったり、広がったりしていく様子にわくわくしながら取り組んでいました。金曜日には、作った献金箱を持って帰ります。この嬉しいクリスマスを待ち望むとき、お手伝いなどをしてもらった自分の大切なおこずかいを、自分のためだけでなく、神様に、神様の愛する助けを必要とする方々のためにささげるという経験を、ぜひご家庭で子ども達と一緒に体験し、分かち合う時となりますように。その中で、自分の大切な独り子イエス様を送ってくださった神様の愛を味わう時となることをお祈りしています。 続きを読む

 火曜日の遠足はお天気も守られて、楽しく過ごすことができました。ご不便なこともあったかもしれませんが、皆さまのご理解とご協力、神様の祝福をいただいて、子ども達が生き生きと過ごせたことを感謝します。
行きの子どもバスでは、最初に礼拝をして、『わたしは誰でしょうクイズ」や命令ゲームなどのレクリエーション、お楽しみのおやつタイムなどで過ごし、ちいろばさんも一緒に楽しく牧場につきました。帰りはお疲れのお子様もいるので、「寝たい子もいるから静かにね。」とお話して自由に過ごしました。すぐに眠りについた子もいましたが、おやつタイムを黙々と楽しんだり、おしゃべりに夢中になっている元気さん達もいて、それぞれ遠足の余韻を感じながら過ごしました。翌日に遠足のお絵かきをしましたが、「お芋掘り楽しかった~。」「もぐらの穴があったよ。」「虫がいたんだよね。」と、にぎやかにおしゃべりをしながら描いていました。 続きを読む

 爽やかな風と共に、金木犀が風に乗ってふんわりと香り、秋の自然が心和ませてくれます。体調を崩しやすい時期となりましたので、こまめな衣服調節をお願いします。子ども達は、運動会に向けて毎日少しずつ練習をしています。はとさんは、運動会の時に飾られる【がんばるぞ】の絵を、絵の具で自分の顔を描いていて、表情豊かなしっかりとした一人一人になっています。見ているとみんなの成長を感じます。先日、グランドでの練習が雨で中止となり残念でしたが、のっぽのお部屋とホールを使って、ハードル→シートくぐり→お山ジャンプ→はとさんは縄跳びという流れで、狭いながらも、上手に身体を動かしながらを練習しました。上手くできなかったり、負けてしまって悔しい思いをした子も、やらなくなってしまったり、大泣きすることなく、何度も何度も、練習しました。その姿を見ていると目頭が熱くなりました。『最後まであきらめずに頑張る』を目標にして、苦手なこともできるだけ自分の力でやってみる。諦めない経験を通して、自分の意外な力に気付いたり、友達の能力を認めたり心の強さを育んでくれたらと願っています。 続きを読む

10月もいよいよ4週目となり、すっかり秋らしくなってきました。何かとお休みの多い10月ですが、幼稚園に来ると子ども達は元気いっぱいに過ごしています。
水曜日には新入園児面接がありました。プレ保育「ことり」やアララトに来ていたお友達や、在園児の弟くん・妹ちゃんが多く、いつもとは違う雰囲気にドキドキしている子や、やっとここで遊べる!と張り切っている子に、リラックスしている子も。これから一緒にめぐみ園で過ごしていけるのがとっても楽しみです。今めぐみ園に入る子ども達も、初めてめぐみ園に来た時から、それぞれたくさん成長しているのだなあと成長させてくださる神さまに感謝したひと時でした。 続きを読む

前回の台風の傷跡も癒えないうちにやって来た大型台風。日が経つにつれ、あちこちで大きな被害が起きていることがわかってきています。亀戸でも避難を呼びかける知らせがあったようで、台風一過の日曜日は礼拝に来るのも困難なのではと心配していましたが、予想していたよりも多くの方々が礼拝に集まり、皆さんが台風から守られたことを感謝するとともに、被害に遭われた方々の現在を考えると、守られた私たちに出来る援助はないかと祈りを新たにしなければと思います。 続きを読む

冬服になって、朝晩は秋めいた涼しさなのに、日中は夏を思わせる日差しと暑さが残っています。それでも爽やかな風と共に暑さがやわらぎ、真っ青な空を見上げながら、赤とんぼが飛んできたりと秋の気配が心を和ませてくれます。
水曜日には、初めて亀戸運動場で運動会の練習をしました。広いグランドで思いっきり走ったり、ハードルをしたり、ブルーシートをくぐったり。はとさんは縄跳びをして、戸惑いながらも最後まで頑張ってやり遂げました。1位になれなくて悔し涙を流したお友達。うまくできなくて泣いてしまったお友達。神様は最後まで諦めずに頑張る力を一人一人に下さり、見守っていて下さいます。運動会まで身体をたくさん動かし、楽しく練習していこうと思います。 続きを読む

まだまだ暑い日も続く中、あっという間に10月を迎えました。ちいろばさんに新しいお友達も迎え、神様に守られ、毎日楽しく過ごしています。

先週の金曜日には、ひつじさんで屋上に行きました。何度か増え鬼を楽しんだ後、何人かを中心に自然と遊具を船に見立てて船ごっこ(?)がスタートしました。すると、他の遊びをしていたお友達も自然と集まってきて、いつの間にかひつじ組全員で壮大な海の冒険が始まりました。釣りをしたり、海に流されたり、「噛みつきザメ」が登場したり、「優しくしてあげたらいいんだよ」とサメにご飯を作ってあげたり、アイス屋さんがやってきたり、噛まれたウミガメを助けるために救急車がやってきたり…と、どんどん展開していきます。自然と関わりの中でそれぞれの見ている世界を共有したり、それが全員に広がっていく様子にみんなの成長が見え、何だか感動してしまいました。 続きを読む

2学期が始まって1ヶ月が過ぎようとしています。9月に入園したちいろばちゃん達も、2歳児らしく「いや!」と自己主張しながらも園生活になじんで、思い思いに遊んでいます。今週は青少年プラザでいっしょに運動遊びや運動会の練習をしたり、身体測定をグループごとでしたせいか、はとさん達がちいろばさんやろばさんに関心をもち、身体測定の時の着替えを最後まで手伝っていたり、帰りのお着替えを自主的に手伝いにいく様子や給食をいっしょに食べようと寄り添う姿が見えるようになりました。ちいろばさんも自分でやりたい気持ちと、寵愛を受けている自覚の狭間でまんざらでもない様子です。めぐみ園では毎年見られる光景ですが、お世話したりされたり、優しさのバトンが受け継がれてゆくのを見せてもらえるのは嬉しいです。 続きを読む